気体の性質の秘伝を伝授しちゃいます!~プリント配布~【覚え方】

中学1年生

1年生の初めのほうにやって2、3年生では完全に頭から抜けている気体です。

下の表にまとめました。これ全て覚えておいたほうが後々に生きてきます。これ自体の問題はでても1、2点程度でしょう。

Advertisements

苦手な皆さんに練習表を置いておきます!!

気体の性質練習

気体の性質練習答え

文字をクリックするとエクセルの形式でダウンロードできます。

ダウンロードしたデータを印刷機で印刷してつかってください!!

※紙ぴったりに印刷できないと思うので横にしたり大きさ調整したりしてください。

気体の特徴

水素について

まず注目していただきたいのが水素です。

「水」とありますが水に溶けにくい物質です。この「水」は、2年生でやりますが水素と酸素が混じり合って火が付くと大爆発し水ができることからです。

非常に軽いのですが覚え方というより歴史から、、、、昔、この気体は飛行船の中に入っていました。飛行船というのはこれです!

これでどうやって飛んでいるかというと中に空気より軽い気体をいれて風船のようにふわふわさせれいるのです。

昔はこれに水素がはいっていました。

ですが、あるときなにかしらの原因で火災が起きたのです。火は水素に燃え移り飛行船の周りにある空気と結びついて大爆発しました。

ヒンデンブルク号と検索すればでてくるので気になる人は調べてください。

今では水素の次に軽く安全なヘリウムがつかわれています。

風船のなかに入っているのもヘリウムです。水素は巨大な飛行船飛ばすほど軽い(ついでにヘリウムも)

つくりかた

亜鉛や鉄に塩酸をかけると発生します

中学2年生の知識がある人にとったらさらにわかりやすい!
Zn+2HCl→ZnCl₂+H₂
となって水素が発生することがわかりますね

酸素

酸素は私たちが呼吸で吸うのにつかう物質です。

ものを燃やすときに酸素がより多くなると炎はより激しく燃えます。

キャンプファイヤーをするときただ積み上げるだけでなく木と木の隙間をよりあけるような積み方をしませんか?

つくりかた

二酸化マンガンに薄い過酸化水素水(オキシドール)をかけると発生します

過酸化水素水は消毒液に使われています
殺菌成分が入っているので幅広く使われています
おうちの消毒液を確かめてみよう!!

二酸化炭素

二酸化炭素は私たちが呼吸で吐くときにつかう物質です。また、炭酸飲料に含まれてるシュワシュワは二酸化炭素です。このことから水に溶けることがわかります。

またこれが固体になるとドライアイスになります。液体は常圧では存在しません。

昇華についてはこちらの記事で↓

https://chugakurika.com/2017/08/12/post-203/

つくりかた

石灰石に塩酸をかけると発生します

 

窒素

窒素は空気中にもっとも多く含まれる物質です。

液体の状態の窒素は非常に低い温度のため、ものを冷やす実験など行う際に液体窒素として冷却材として使われます。

あんまり深く聞かれることのない中学理科の窒素・・・・

 

酸素、二酸化炭素、窒素

この三つの重さの順の覚え方があります。

子供みたいな絵ですみません・・・

ピンクが窒素青が酸素黄緑が二酸化炭素を表しています。

下から、植物って足元にあることって多いですよね。

もちろん木とかは身長より高いですが・・・それは置いといて、植物は光合成で二酸化炭素を必要とします。

足元にある植物たちは二酸化炭素がより多くある一番下に多くあると覚えましょう。

続いて私たち人は酸素を吸います。

人が多く酸素が吸える場所というのは酸素がより多くある首のあたりだと覚えましょう。

窒素はどの動物も植物も必要としません。また空気中でもっとも多くある気体です。

一番広く使える位置にある一番上にあると覚えましょう

 

臭いがある物質について

  • 塩化水素は水に溶けると塩酸です。

学校で一度は使ったことが塩酸は鼻につく臭いがしますよね

  • 塩素はプールの臭いです。

プールは薄めているからいいですけどあれが濃縮されたら・・・・と思うと臭いが強くなると思います。

  • 硫化水素は温泉や火山の臭いです。

あれも濃縮されたら凄いにおいです。ここで臭いとして注意なのが腐卵臭ということが注意です。腐った卵の臭いです。

  • アンモニアは尿の臭いです。あれも鼻につく臭いですよね。

 

上方置換法、下方置換法、水上置換法の見分け方

まず教科書の気体ごとの特徴

水の溶けやすさと空気に対しての重さをチェックしましょう

もうこの仕分けのやり方頭に入れてください

なぜ水上が重視されるかというと一番不純物を含みにくいからです。

上方、下方となりますと欲しい気体と別の気体も含むことがあるからです。

(上方なら欲しい気体より軽い気体が入る)

二酸化炭素は水上、下方どちらでも構わないとなっていますがこの表通りにやると下方に行きつきます。

炭酸水を見てもらえばわかるように気体はすぐに抜けていきます。

少ししかとけないため水上でも構わないとなっています。

※2019/9/30にて図を修正いたしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました