ソラマメの優性・劣性、遺伝の話

中学3年生

メンデルが考えた遺伝の法則について学んでいきます。

このようにこの範囲ではツリー状で親の遺伝子が子にどのように引き継がれるかを考えます。はじめはツリー状で考えるのですが最終的には表での見方がわかりやすいのでそちらに移行していきます。

3年生でこの範囲を勉強するとき多くの生徒が理科を捨てています。ですのでできるだけ興味をもってもらえるようにしていきたいと思います!!

Advertisements

メンデルの法則

法則の説明

メンデルはしわのあるソラマメと丸いソラマメを使って遺伝について調べました。

するとある法則がなりたっており子孫に強く出るほうを優性、弱く出るほうを劣性と名付けました。(優だから優れているわけではない)

先にも載せましたが色を付けて表すと

このような関係になります。青が丸いソラマメの遺伝子でオレンジがしわのあるソラマメの遺伝子とします。だとすると優性は劣性より強く現れるので子孫は全て丸いソラマメとなります。

右で表したのは表で表したパターンです。いちいちツリーで書いてられないかつ、わかりやすいので表で考えるようにしましょう。

(ツリーも表も両方考えるからややこしくなるんだよね・・・)

 

こちらは親がそれぞれの遺伝子を持っているパターンです。子孫を見るとひとつだけしわのある劣性型のソラマメがでているとわかります。

 

さまざまなパターンがでてきますので表で理解するようにしましょう。

 

定期テスト対策

受験では出てきませんが定期テストではよく言葉を問われます。

優性、劣性、遺伝、遺伝子、メンデルの法則はここまでの勉強で分かったと思います。

あと+3つ覚えておくと安心かもです。

 

ひとつはDNAデオキシリボ核酸です。デオキシリボ核酸は私立の入試でも見かけたことがあるので覚えておきましょう。

 

あと二つは

親の遺伝子は子に移るときいったん分離しますよーっていう分離の法則個々にそれぞれ入っていきますよーっていう独立の法則です。

単語は覚えてほしいですが言葉で覚えないほうがいいでしょう。上の図で覚えてください。

 

血液型で考えると楽しい

しわのあるソラマメと丸いソラマメ・・・・優性、劣性・・・・理解はできるけど面白くない

ここで一番身近な血液型で考えると生徒も関心を持ってくれます。

 

しかし血液で遺伝を教えるのは教科書から逸脱し道徳観の話になってきます。大人の事情でほんとは教えたらだめなのですが非常にわかりやすいので書いておきます。責任は取りません。

 

A型にはA・A型とA・O型があります。

B型にはB・B型とB・O型があります。

O型にはO・O型のみあります。

AB型にはA・B型のみあります。

AとBはOに対して優性です。AとBに優劣はありません。

 

自分の血液型と両親の血液型で確かめてみましょう。メンデルの法則が成り立ちます。

A型でもA・AなのかA・Oなのか見つけてみましょう。

 

例えばこんな感じです

 

ここから予想できるのは下図のようになります。

子のB型は両親それぞれを受け継いでいるためB・Oと予想できます

母親がAA型ならAB型になっていますね。

親のA型がA・OでないとB型の子が生まれないので予想できます。

 

子のA型はAA型、AO型の両方の可能性があるのでわかりません。

自分の血液型と両親の血液型で遺伝の勉強してみましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました